為替

【07/08】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/13通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

大きな目線変更は、随時ツイートをしていますので、Twitterをフォローしてくださいませ。

参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

2段の長期下降トレンドであるレッドチャネルを移行しあっている状態。いまは上段レッドチャネルから下段レッドチャネルに移行した状態です。

先日、下段レッドチャネル天井での 108.777S を 107.495 で約+120pips 全利確しました。

ドル円ではこのレッドチャネルの下降の角度が意識されており、チャネルを移行してもそこは変わらず活き続けて、次のショートにつながるイメージです。

NY時間まではノートレで様子を見ます。どちらにせよ上段移行後のドテンロングはスイングではしない予定です。

こういった局面で大切なのは「上に行くのか?」「下に落ちるのか?」を必死に予想しようとして消耗するのではありません。

上段レッドチャネルに移行したパターン、下段レッドチャネルで継続のパターン、レンジでラインに沿ってぐだぐだするパターンなど、予測できるすべてのパターンへの行動を決めておくことだと思います☺

わかるはずもない未来を必死に予想をするのではなく、予想外がなくなってからがトレーダーですね☺

  • 優位性 : ☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:下段レッドチャネル上限
  • 利確:下段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:下段レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

↓おまけ 週足の下段チャネル

今戦っているラインは2015年の6月からずっと意識されているライン。4年越しのライン際攻防

米ドルカナダ(USDCAD)

先日約90pipsでショートを利確したわけですが、現在はノーポジとなっていまして、戻り売り狙いです。先月大暴れしてくれたこともあり、待ちのターンです。

メイントレンドのグリーンチャネルを下抜けブレイク後、グリーンチャネル下限がレジスタンス化しトレンドが転換したという前提に立ち回ります。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

カナダ円(CADJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。戻り売り狙いです。エントリーポイント超接近。

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ円(EURJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在しています。戻り売り狙いです。本命はレッドチャネル上限売りです。

先週の記事で、123.100S エントリーしましたが、121.636 で利確しました。約145pips

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:グリーンチャネル上限
  • 利確:グリーンチャネル下限
  • 損切:グリーンチャネル上限を上抜け

↓長期

↓中期

ユーロドル(EURUSD)

長期下降トレンドのレッドチャネル、下段から上段に移行したと仮定し立ち回る。

ここまでは下段レッドチャネルでの上限ショートで+100pips、上抜けブレイク後の上限ドテンロングで+100pipsと+80pipsという流れ

4H足で見るとグリーンチャネルを下抜けしていますが、ドル円と同じくNY時間まで様子見したいところ。グリーンチャネル内に戻れないようであればグリーンチャネル下限でショート狙います。

グリーンチャネル内に明確に侵入したらロング狙いたいですがそれは明日以降でもいいかな…まったりいきましょう。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:上段レッドチャネル下限
  • 損切:グリーンチャネル内侵入

↓長期

↓中期

ユーロ豪ドル(EURAUD)

長期上昇トレンドのグリーンチャネルの中におり、中期下降トレンドのレッドチャネル上限を明確に上抜けブレイク

当面はまたロングを狙います、前回のロングはレッドチャネル上限でエントリーして約200pipsで利確しました。レッドチャネル上限でのサポレジ転換がキレイです。トレンドは正義。

今月末くらいにはエントリーポイント来そうな横軸ですね

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期

↓中期

ユーロポンド(EURGBP)

2017年からはじまった長期下降トレンドの最中で、それを示すレッドチャネル内に滞在中。

このレッドチャネルを上抜けブレイクした場合は、2016年8月から継続しているグリーンチャネルが主流に転じるというイメージで見ています。

ローソクがレッドチャネル内でまた推移するのか、上抜けブレイクするのかは4H足での短期グリーンチャネルが重要かなと考えています。

この短期グリーンチャネルを明確に下抜けしてからのショートがもっともリスクリワードがよいと考えています。

  • 優位性:☆☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

長期

↓中期

豪ドル円(AUDJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネル内にずっといます。戻り売り狙いです。グリーンチャネル上限でも売りたいです。本命はレッドチャネル上限売りです。

超長期での床に一回ぶつかって反発しています。この水色水平線を下抜けブレイクしたら「豪ドルやばい」という感じですね。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:グリーンチャネル上限
  • 利確:グリーンチャネル下限
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

↓超長期

豪ドル米ドル(AUDUSD)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。天井にきたら売る、というシンプルな感じです。

鉄板(水色ライン)がいますね。

僕の手法だと基本的には水平線はそんなに機能しないので使わないことが多いのですが「、逆に言うと僕の時間軸ですら機能するような水平線はガチガチなので、ブレイクしたら大きく動くケースが多いです。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド豪ドル(GBPAUD)

先日レッドチャネル上限でのショートを約100pipsで利確しました。

再度、レッドチャネル内に侵入しましたね。戻り売り狙いです。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンドドル(GBPUSD)

上を目指すか?下を目指すか?の交差点でグリーンチャネルではなくレッドチャネルを選んだポンドルは下目線。戻り売りを狙います。

先週、1.27800S → 1.25771 約200pips で利確しました。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド円(GBPJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在、戻り売り狙い

スイングで買うには怖いし売るには安すぎるという状態。やるなら短期トレードでしょう。

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

フラン円(CHFJPY)

長期下降トレンドのクロス円で唯一レッドチャネル上限は上抜けブレイクしたと仮定しグリーンチャネル下限でロングを入れていきます

先月はグリーンチャネル下限でのロングを100pipsで利確。2発目の下限ロングはセンターラインで利確、約170pipsというのがここまでの流れ。

引き続きグリーンチャネル下限が機能する前提で立ち回ります。機能しなければサポレジ転換を利用した短期ショートも狙います。

  • 優位性:☆☆☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルのセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

↓長期

↓中期

あとがき

ここまで見てくださり、ありがとうございました!

月曜週明けの時間帯、金曜明け方の時間帯の値動きは、僕の手法では信用ならないので気をつけてくださいませ。

ブログで日経225、NYダウ、ゴールド、原油についての相場観をガッツリ書いた記事を更新しました。こちらも併せまして、ぜひチェックしてくださいませ↓↓↓

チャートツールについて

この記事の分析画像はすべて「TradingView」というチャートツールを利用しています。独立していますので、分析機能は現在の証券会社そのままでも利用できますし、エントリーや決済まですべてTradingViewに対応した証券会社もあります。

ご興味ある方はTradingView対応のサクソバンクで口座開設をおすすめします。多通貨ペアに対応していますので、現在の口座で通貨ペアが物足りなかった方にもおすすめです

SAXOBANK証券 新規口座開設SAXOBANK証券 新規口座開設?|?fx-on.com

⬆SAXOBANK新規口座開設はこちら⬆

ピックアップ動画

高評価ありがとうございます😊