為替

【08/12】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/14通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足or8H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

大きな目線変更は、随時ツイートをしていますので、Twitterをフォローしてくださいませ。

参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

直近のショートは利確しましたので、中段レッドチャネルに侵入してからは、そのショートを計3回エントリーしています。内訳は+90pips利確 → +120pips利確 → +110pips利確 という流れで現在に至ります。

ドル円独特の下降の角度があり、その角度を示すレッドチャネルが3段に別れ存在しています。 

昨年末の114円を上抜けしようとするチャレンジをしていた頃から、この3段のレッドチャネルを行き来しあっています。現在は下段に定着しようかという局面。 

下段に定着した場合さらに落ちていくことも推測でき、下段レッドチャネル下限は103円台のレートになる。 

上昇トレンドに転じるためには少なくとも中段のレッドチャネル天井を上抜けブレイクする必要があるため、それまでは安易なスイングでのロングは厳しい目線です。 

下段に定着判断ができたら下段レッドチャネル天井ショートも狙う場面ですが、週明けNY時間まではノートレです☺

  • 優位性 : ☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:中段レッドチャネルの上限
  • 利確:中段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↑2日足
↑日足

↓中期

↑8H足

動画で全パターン詳しく話してます

米ドルカナダ(USDCAD)

先日約90pipsでショートを利確したわけですが、現在はノーポジとなっていまして、戻り売り狙いです。動画で詳しくお話しています。

メイントレンドの長期グリーンチャネルを下抜けブレイク後、長期グリーンチャネル下限がレジスタンス化し長期のトレンドが転換したという前提に立ち回っています。

レッドチャネル上限でも売ります。短期グリーンチャネルの天井で売るつもりでしたが届かず下抜けしました。グリーンチャネル下限を背にし、サポレジ転換を利用した戻り売りも狙える位置です。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:短期グリーンチャネル上限
  • 利確:短期グリーンチャネル下限
  • 損切:短期グリーンチャネルを上抜け

↓長期

↓中期

カナダ円(CADJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。戻り売り狙いです。

83.158S を保有中でしたが調整上昇のグリーンチャネルを割ったらすぐでしたね。8/2にツイートした通り、+230pipsで利確しました。レッドチャネルセンターラインまでしっかりキレイにとれましたね。

がっつり獲ったので、待ちの時期です。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ円(EURJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在しています。戻り売り狙いです。本命はレッドチャネル上限売りです。ここまで+145pipsと-25pips

下抜けするのでしょうかね~。そしたら売ります

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロドル(EURUSD)

長期下降トレンドで、3段のレッドチャネルを移行しあっていると仮定し立ち回る。

ここまでは中段レッドチャネルでの上限ショートで+100pips、上抜けブレイク後の上限ドテンロングで+100pipsと+80pipsと、中段上限ショートで-10pipsという流れ

中期では直近ですごいヒゲ作りまくってますね。個人には反落でも上抜けでも、どっちでもウェルカムです。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネル上限
  • 利確:上段レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

↓動画解説

ユーロ豪ドル(EURAUD)

長期上昇トレンドのグリーンチャネルの中におり、中期下降トレンドのレッドチャネル上限を明確に上抜けブレイク

当面はまたロングを狙います、前回のロングはレッドチャネル上限でエントリーして約200pipsで利確しました。動画でどうやってとったかを詳しくお話しています。

長期トレンドに順張りが基本なので、天井があることがわかっていてもこのペアはショートしません。

例えば長期トレンドが上昇なら、たとえ短期チャネルを基準にしたエントリーだとしてもロングしか打ちません。長期が下降トレンドなら長期も短期もショートのみ。

凡人が「長く生き残るテクニックのうち一つです☺

長いものには巻かれよう

  • 優位性:☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期

↓中期

ユーロポンド(EURGBP)

最近まで2017年からはじまった長期下降トレンドの最中でしたが、2016年8月から継続しているグリーンチャネルが主流に転じていると見ています。直近は-30pipsでショートを決済

長期のチャネルが美しすぎて気持ちいいですね

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン(その都度判断)
  • 損切:レッドチャネル内侵入

長期

↓中期

豪ドル円(AUDJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネル内にずっといます。戻り売り狙いです。グリーンチャネル上限でも売りたいです。本命はレッドチャネル上限売りです。

割っちゃいけない週足単位の水平線を割っている気がします。この並行チャネル下抜けしたら大きく落とす可能性ありですね、55円あたりの地獄価格帯を目指す可能性もゼロじゃないですよね、週足を見ると。

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル内侵入

↓長期

↓中期

↓動画解説(7/18時点)

リプレイ機能を使って過去から解説してます、なかなか好評でまたやろうと思います!

豪ドル米ドル(AUDUSD)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。天井にきたら売る、というシンプルな感じです。

豪ドル円の週足水平線ブレイクチャンレンジと、豪ドル米ドルのレッドチャネル下限ブレイクチャレンジが同時に来ています。

先週 0.67793S約+100pipsで半ロット利確後、建値カット ノーポジ中

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル下限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル内侵入

↓長期

↓中期

ポンド豪ドル(GBPAUD)

先日レッドチャネル上限でのショートを一発目約100pips → 2発目+約220pipsという流れ

さて、レッドチャネル内に定着するのでしょうか

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンドドル(GBPUSD)

上を目指すか?下を目指すか?の交差点でグリーンチャネルではなくレッドチャネルを選んだポンドルは下目線。戻り売りを狙います。

先日、1.27800S → 1.25771 約200pips で利確しました

やっと下限に近づきましたね。

レッドチャネルの下限にタッチすると「目標値達成」ということで上昇トレンドに転じる可能性が上がります。

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド円(GBPJPY)

長期下降トレンドの3段に別れたレッドチャネルに滞在していて、現在上段から中段へ移行。

134.373S保有中でしたが、宣言どおり中段レッドチャネルセンターラインにタッチしたので全利確しました。約+420pips、エントリー理由はもうしつこいほどお伝えしているとおりです笑

まだ見ていない方は↓に25日のポンドに関する記事のリンクがありますのでぜひご確認ください。

なぜか数件「ポンド円はどこまで落ちますか?」的なご質問をいただいておりますが、私は予想屋さんではありません(値動きの方向についていくだけ)ので、ただの雑談ですが

ポンドルで言った通りの理由で、125円周辺の中段レッドチャネル下限に一度はタッチしにいくのかなぁとか考えながらチャートを見ています。もちろんエントリーには一切関係ないただの感想です。

先を知りたいのであれば、先をある程度推測するタイプの手法を持つトレーダーさんに伺うのが効率的かと思います😊

あと、若干厳しいことを偉そうに言ってしまうのですが、ご自分で方向感をしっかり決定できない段階の駆け出しトレーダーさんであれば、値動きが比較的大きいポンド円はそもそも触らないほうがよろしいかと思います😊

焦らずいきましょう~、ゆったりでも相場は逃げないので大丈夫ですよ。

逃げるのはいつも”自分”と”資金”だけ

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:中段レッドチャネル上限
  • 利確:中段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:中段レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

フラン円(CHFJPY)

ここまではグリーンチャネル下限でのロングを+100pipsで利確。2発目の下限ロングはセンターラインで利確、約+170pips、3発目は建値S/Lという流れ。

109.700S 保有中

109.500Sは100pips伸びたところで利確、残りの700Sをレッドチャネルセンターラインまで保有

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル内侵入

↓長期

↓中期

ドルスイスフラン(USDCHF)

上昇と下降が何度もクロスしあっているペアで、一方的な方向感ではないというのが特徴だと思います。現在は売り優勢なので、レッドチャネル上限で売っていきます。

これはまた長期戦になりそうですね~、待ちです

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

あとがき

ここまで見ていただきありがとうございました!

毎度のことですが、週明けNY時間までの値動きはあまり信用できないので、スイングポジションなら焦らずじっくり待つのが経験上おすすめです😊

多くの市場参加者が意識するラインを探し、そこを背にエントリーがしたいので週末の深夜~明け方の値動き同様、信頼できません😭

自分の手法が不得意な時間帯はしっかり休んでインプットに充てるのがとても健康的だと思います~!

今週もがんばりましょ~😊

(※今週は夏休み期間です💤)

ピックアップ動画