為替

【08/21】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/14通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足or8H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

大きな目線変更は、随時ツイートをしていますので、Twitterをフォローしてくださいませ。

参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

直近のショートは利確しましたので、中段レッドチャネルに侵入してからは、そのショートを計3回エントリーしています。内訳は+90pips利確 → +120pips利確 → +110pips利確 という流れで現在に至ります。

ドル円独特の下降の角度があり、その角度を示すレッドチャネルが3段に別れ存在しています。 

昨年末の114円を上抜けしようとするチャレンジをしていた頃から、この3段のレッドチャネルを行き来しあっています。現在は中段に滞在中。

上昇トレンドに転じるためには少なくとも中段のレッドチャネル天井を上抜けブレイクする必要があります。

中段の上限を上抜けして上限がサポート化するまでは売りにいきます。

いつドル円が動くのか、いつエントリーポイントに来るのかなんて考えたこともないですが、強いて言うなら今週末まで重要指標・発言等が控えているのでしばらくこんな感じでフラフラするのかなという見方もできます。

自分は特に指標などは気にしないですが、駆け出しトレーダーさんは重要指標の結果がどのように作用したのか、ローソクはどこで止まったのか、それがきっかけで流れは変わったのかどうか等など…といった動向をしっかり観察するのはとてもいいと思います。

なぜ指標やニュース・発言などを含めるファンダメンタルを僕が気にしないかというと、僕の中途半端な知識・頭でとやかく考えてもファンダメンタルは本当にわからないからです。わからないことにムダにエネルギーを使って、思考を偏らせて、方向感を誤りたくないんです。

あと単純にファンダメンタルはルール化しにくい、過去検証しにくいというのもあります。これについては完全に個人的な考えなので人に押し付けたりはしません。いや、何も押し付けたことはないんですけどね☺

僕個人のファンダメンタル分析への考えはただひとつで「できるならやったほうがいいし、大して出来もしないなら一切やらないほうがいい」ということです。

推測ですが長期トレンドを作っているのは機関投資家たちで、その機関投資家たちの大部分はファンダメンタルでポジションを決定すると考えています、なので僕自身はファンダメンタルを軽視しているわけではありません

つまりは、僕はファンダメンタルを一切気にしませんが、ファンダメンタルを気にしている機関投資家を気にしている、ということです。

どうやって機関投資家の流れについていくのか?それはシンプルで、長期トレンドに順張りするだけです。ドル円はショートを狙います。もちろん、長期トレンドが変わったらドテンします。

  • 優位性 : ☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:中段レッドチャネルの天井
  • 利確:中段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:中段レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

米ドルカナダ(USDCAD)

先日約90pipsでショートを利確したわけですが、現在はノーポジとなっていまして、戻り売り狙いです。

メイントレンドの長期グリーンチャネルを下抜けブレイク後、長期グリーンチャネル下限がレジスタンス化し長期のトレンドが転換したという前提に立ち回っています。

エントリーポイント近め☺

グリーンチャネルとの交差点が近いので、レッドチャネル上限を上抜けして一旦真空レンジする可能性も視野にいれていきましょい。グリーンチャネルにも入れないし、レッドチャネルにも戻れない状態のことです。

真空レンジは細かくガンガン利益とれたりするので、勝率は下がりますがトータルでは結構おいしかったりします。ただ、多少チャートに張り付く必要性はありますのでお忙しい兼業トレーダーさんは真空レンジは無視する手もあります。

昨日から変わらず。

  • 優位性:☆☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

カナダ円(CADJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。戻り売り狙いです。

83.158S を保有中でしたが調整上昇のグリーンチャネルを割ったらすぐでしたね。8/2にツイートした通り、+230pipsで利確しました。レッドチャネルセンターラインまでしっかりキレイにとれましたね。

がっつり獲ったので、待ちの時期です。下限の位置が怪しいなぁとチャネルの下限見直しを検討中。上限はそのまま。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ円(EURJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在しています。戻り売り狙いです。本命はレッドチャネル上限売りです。ここまで+145pipsと-25pips

待ちの時期です😊激安の位置

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロドル(EURUSD)

長期下降トレンドで、3段のレッドチャネルを移行しあっていると仮定し立ち回る。

ここまでは中段レッドチャネルでの上限ショートで+100pips、上抜けブレイク後の上限ドテンロングで+100pipsと+80pipsと、中段上限ショートで-10pipsという流れ

これまた待ちの時期です😭ひぃ

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネル上限
  • 利確:上段レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ豪ドル(EURAUD)

長期上昇トレンドのグリーンチャネルの中におり、中期下降トレンドのレッドチャネル上限を明確に上抜けブレイク

当面はまたロングを狙います、前回のロングはレッドチャネル上限でエントリーして約200pipsで利確しました。動画でどうやってとったかを詳しくお話しています。

長期上昇トレンドをしめすグリーンチャネルの天井にぶつかり下落しています。

”多くの市場参加者が意識するラインを見つけ、そこを背にエントリーする”という手法なのですが、そういう意味では移動平均線は”多くの市場参加者が意識する線”ということには変わりないので、この手法とは親和性が高いと感じています。

自分がSMAを使っているのも使用者が多いからと言うのが理由です。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期

↓中期

ユーロポンド(EURGBP)

最近まで2017年からはじまった長期下降トレンドの最中でしたが、2016年8月から継続しているグリーンチャネルが主流に転じていると見ています。直近は-30pipsでショートを決済

押し目買い狙いです、引きつけて~

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン(その都度判断)
  • 損切:レッドチャネル内侵入

長期

↓中期

豪ドル円(AUDJPY)

長期下降トレンドのレッドチャネル内にずっといます。戻り売り狙いです。

現在の価格帯ではかなり安い位置で、反発上昇をはじめてもおかしくない位置です。 

豪ドル円は2週足で見ると現在、上・中・下の3段階の価格帯のうち中段に属しており、中段の大底にタッチし下抜けしようとしているところです。 72円の壁。

もしこのまま中段の大底をブレイクし、下段に侵入した場合、今まで”大底”だったのが突如サポレジ転換し、”ド天井”に変わります。 

そうなった場合、またさらに下段の大底を目指す可能性も視野にいれることになり、その大底とは55円あたりを指します。 

昨日から目線変わらず。価格も変わってないように見えますね笑

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

超長期

↓長期

↓中期

↓動画解説(7/18時点)

何度見ても楽しい動画…😭😭

豪ドル米ドル(AUDUSD)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。天井にきたら売る、というシンプルな感じです。

豪ドル円の週足水平線ブレイクチャンレンジと、豪ドル米ドルのレッドチャネル下限ブレイクチャレンジが同時に来ています。

先週 0.67793S約+100pipsで利確後、ノーポジ中

最悪な値動きしていますね~😊

センターラインよりも上にくるのを待ちます😭

これで上へ目指したら豪ドルは超長期の大底タッチで反転ってことになりますね

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネルの上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド豪ドル(GBPAUD)

先日レッドチャネル上限でのショートを一発目約+100pips利確 → 2発目+約220pips利確という流れ

旅行終わるまで放置です☺

  • 優位性:☆
  • 狙い:ナシ
  • 条件:
  • 利確:
  • 損切:

↓長期

↓中期

ポンドドル(GBPUSD)

上を目指すか?下を目指すか?の交差点でグリーンチャネルではなくレッドチャネルを選んだポンドルは下目線。戻り売りを狙います。

先日、1.27800S → 1.25771 約200pips で利確しました

美しすぎる長期チャネル。ドルストレートやクロス円はおすすめのペアです。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド円(GBPJPY)

長期下降トレンドの3段に別れたレッドチャネルに滞在していて、現在上段から中段へ移行。

134.373Sは、宣言どおり中段レッドチャネルセンターラインにタッチしたので全利確しました。約+420pips、エントリー理由は↓に7/25のポンドに関する記事のリンクがありますのでご興味ある方はご確認ください。

これもまた獲りまくったので待ちの時期です😌

中段レッドチャネルのセンターラインで戦っています。昨日からずっと。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:中段レッドチャネル上限
  • 利確:中段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:中段レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

フラン円(CHFJPY)

ここまではグリーンチャネル下限でのロングを+100pipsで利確。2発目の下限ロングはセンターラインで利確、約+170pips、3発目は建値S/Lという流れ。

109.700S 保有中

先日の109.500Sは100pips伸びたところで利確、残りの109.700Sをレッドチャネルセンターラインまで保有します

クロス円は全体的に似たような形になってしまうんですが、スイスフラン円だけはレート的には値段が高いエリアにいます、売りにいける位置というイメージです

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル内侵入

↓長期

↓中期

ドルスイスフラン(USDCHF)

上昇と下降が何度もクロスしあっているペアで、一方的な方向感ではないというのが特徴だと思います。現在は売り優勢なので、レッドチャネル上限で売っていきます。

こちらも下限タッチ反転上昇中、センターライン超えてきたら調整上昇のチャネルを探し、その天井で売り始めます

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

あとがき

ここまで見ていただきありがとうございました!

なんだか昨日はまったく動かなかったという印象です。あくまで印象ですが…。

27:00にFOMCが控えており、今日も同じような動きになるのでしょうか?

だとしたら思い切って相場から離れてインプット(読書・ブログ漁りなど…)に充てたり、ルールの再確認や見直し、過去チャート検証やアウトプットにフルレバかけたほうがいいかもしれませんね。

とくに兼業トレーダーの方はお時間もより限りがあると思いますので、やるときはやる、やらないときはやらないのスイッチングは大事だと思います!自分も兼業時代そうして切り替えていました。なんだかエラそうにすみません。

昨日からTwitterのリプライなど返せるようになったのでよければお声掛けください😊

今日もゆったりがんばりましょう~☺

(※日曜の記事に書いたとおり今週は旅行にいくことにしたので、動画もお休みします😊)

ピックアップ動画

よければチャンネル登録よろしくお願い致します