その他分析

【08/25】絶好のエントリーポイント観測【日経225/NYダウ/金/原油】

この記事について

いつもありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、私の手法に限定した

  • 優位性の高いと思われる売買ポイント
  • 中・長期の相場観

を、かんたんにご紹介いたします。

為替と違い検証中の部分が多いので、素人の線引き遊び程度に楽しんでいただければと思います。これらに関してのご質問などは一切お受けいたしません。

参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

日経平均株価(日経225)

基本戦略は相変わらずです。長期上昇トレンドを表す3つのグリーンチャネルを移行しあっている状態で、長期トレンドは上向きなのですが

2018年頭からの明確な下降トレンドのレッドチャネルに滞在中なので、位置的にも現在はショート狙いが優勢。ロングはレッドチャネル上限をしっかりと上抜けしてからの狙い。

レッドチャネル上限を超えられない限りは下目線

まだグリーンチャネル内に戻る可能性は充分あり、グリーンチャネル内で推移していったら、このレッドチャネルは月足単位で言うとただの調整の下降だったというオチになります。

ただ、レッドチャネルを上へ破るまではショート

現在はちょうどグリーンチャネル内に戻るか戻れないかの瀬戸際で、日足単位ではどこで足が確定するかがポイントになると思います。売りたい位置は明確なので当面は相場観変わらず。

  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:グリーンチャネル下限
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け(ドテンロング)

↓長期トレンド(週足)

NYダウ(DJI)

下降トレンドのレッドチャネルを明確に上抜けブレイクし、サポレジ転換で上昇中。完全な上昇トレンドです。

グリーンチャネルの天井にぶつかり買い勢は目標値達成で下落、グリーンチャネル下限にぶつかり売り勢は目標値達成、現在反転上昇するかどうかというところ。

随分オチているように見えますがまだまだ全然上昇トレンドの最中です。目線変わらず。

  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルのセンターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

↓長期トレンド(2日足)

金/米ドル(XAUUSD)

調整の下降をしめす短期レッドチャネルの天井を明確に上抜け後、また戻ってきそうになったが結局サポレジ転換でレッドチャネル上限はサポート化(床化)してしまい、上昇したという形。非常にわかりやすいです。

グリーンチャネルの天井にぶつかり、調整の下落を終えたかどうかというところ。思ったよりお早い上昇でした。

  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

↓中期トレンド(8時間足)

WTI原油CFD

2019年4月からのトレンドは下降(レッドチャネル)、6月からのトレンドは上昇(グリーンチャネル)という流れで、その2つが交差する真空でレンジになっていく可能性も考慮

グリーンチャネル内に戻りサポレジ転換後定着したらグリーンチャネル下限でロング、レッドチャネル内に侵入しサポレジ転換後レッドチャネル上限でショートというのがメイン戦略で存在し、真空レンジで細かく勝っていく戦略も用意するとラクに戦えます

グリーンチャネル下限でショート、レッドチャネル上限でロングを損切り早めでガンガンとっていくというのも為替だとやることが多いです。

基本的にローソクは「もともといたチャネルに戻ろうとする」という性質があり、突き詰めると似たような幅、精度の長期チャネル同士がクロスする位置だとこういった「どちらのチャネルにも引かれ合う状態」になり、真空でのレンジが発生するというイメージで動いています。どちらが優位性高そうとかは現状ではないです、来週には明確になってくると思います。

  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

↓長期

あとがき

ここまで見てくださり、ありがとうございました!

為替の記事は明日AM7時ごろに公開いたします😊

難しい相場だと感じている方も多いかもしれませんが、相場を難しくしているのはいつも自分だったりします。政治家がバトっているなら控えるもよし、夏枯れ相場なら休むもよし、相場は1年やっています。焦らずいきましょう☺

それでは来週もよろしくお願い致します~!