為替

【09/23】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/14通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足or8H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

大きな目線変更は、随時ツイートをしていますので、Twitterをフォローしてくださいませ。

参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

長期下降トレンドを表すレッドチャネルに滞在している最中ですので、戻り売り狙いです。

昨年末の114円を上抜けしようとするブレイクチャレンジをしていた頃から、この上段・中段・下段の計3段のレッドチャネルを行き来しあっています。

上段レッドチャネルの天井を上抜けブレイクした場合は完全な上昇トレンドなので、ショートを辞めます…つまり、非常に注目度の高い時期に突入しました。

現状、中段から上段へ移行し定着するかどうかというところ。

上段に移れば、とりあえず110円を目指すカタチとなっています。短期グリーンチャネルも存在しています。先週は短期グリーンチャネルの天井が機能し、調整の下降をしていました。

上段に定着後、センターラインを上抜けしたら売りたい価格帯に突入するので、そこからは短期の上昇チャネルの天井でも売っていきたいところです。

現状はどちらのレッドチャネルにいるのか判断が難しいところでして、週明けの一番やりにくいタイミングなので例に習って本日はスイングポジションのエントリーがないと思います。

  • 優位性 : ☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネルの天井
  • 利確:上段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:上段レッドチャネル上限を明確に上抜け(ドテンロング)

↓長期

↓中期

米ドルカナダ(USDCAD)

2017年から続いていた長期グリーンチャネルを下抜けブレイクすることで、6月に下降トレンドに転換。その下降トレンドのレッドチャネル天井まで引きつけて戻り売りを狙いたいです。

9/3から1.33800ショート保有中 +100pipsで半ロット利確済 建値S/Lセット

保有中のショートを建値決済か、目標利確まで待っています。勝ち確なので、もう何にもすることはありません…。

初心者トレーダーさんであれば、もし含み益を見て”利確をしたい”って思ったら、その都度ロットの一部を分割利確していくといいと思います。

それを必ず毎回記録をとり、自分が含み益どれほどになると利確をしたくなるのかグラフ化し、だいたい○○pips伸びたら感情的になるんだな…と具体的にカタチにし、それをもとにルール化していくとよいです。

自分の場合は100pips伸びたら「あ、こいつほしいな」って思っちゃうことが多いとわかり、その時点で利確しないと後々の握力・判断力に大きく影響するため自分を基準にルール化しました。

100pipsというのは自分基準のルールですが、相場基準の決済ルールでいうと、200SMAにタッチとかも利確判断に使えますのでルール作りに悩んでいる方は検証に組み入れてみてもいいかもしれません☺

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

カナダ円(CADJPY)

2018年から続いている長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。レッドチャネルの天井までひきつけて戻り売り狙いです。

センターラインを上回っているので、売りが強い価格帯にいますので、短期でもスイングでもショートを狙いたいところ。

グズグズしておりますので今週の動きに期待。グリーンチャネル下限でもう一度買いが入ってもよさそうなので慌てず引きつけます。

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ円(EURJPY)

2018年4月から続いている、長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在しています。戻り売り狙いです。

売るとしてもレッドチャネルのセンターラインを上抜けするのを待ちたいところです。それまではまだまだ買いが強い傾向にある価格帯にいるというイメージです、センターラインを上抜けしたら短期グリーンチャネルがないか探して見ましょう。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロドル(EURUSD)

2018年頭から続いている長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在中、戻り売り狙いです。レッドチャネルはざっくり3段に別れており、その上段にいるところ。

上段の天井でショートをしたいのですが、もしその後上段を上抜けブレイクしたら長期下降トレンドが転換する可能性も考慮し、レッドチャネルの天井がサポート化したところでロングを狙います。

中期でもグリーンチャネルが存在しています、レッドチャネルの天井を上抜けしたらそのまま使えそうな角度と幅です。デイトレならロングも狙いたい精度だな…ってくらいグリーンチャネルが強そうです。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネル上限
  • 利確:上段レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ豪ドル(EURAUD)

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中で、その大底で買いたいところ。

センターラインは下回っているので、買いが強い価格帯です。短期でも押し目買いを狙える位置に来ています。

日足の200SMAが大変強力で、直近では2度ぶつかり反転上昇中です。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期

↓中期

ユーロポンド(EURGBP)

2017年の8月から続いている長期下降トレンドを表すレッドチャネルを一時上抜けしていましたが、また戻ってきました。現在はグリーンチャネル下限でのロングが最も優位性高いと見ています。

いくときはトコトンいく通貨ペアですので、しっかりと引きつけたいところですね。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期

↓中期

豪ドル円(AUDJPY)

豪ドル円は2週足で見ると現在、上・中・下の3段階の価格帯のうち中段に属しており、中段の大底を下抜けし、下段価格帯に本格移行するかどうかのところです。

ただ、週足単位の線は実際のエントリーには私は使わないので、大事故防止程度に見ています。

日足での長期下降トレンドを含むレッドチャネルに滞在していると見ています。そのレッドチャネルの天井まで引きつけた戻り売りをメインで狙っています。

2週足単位の中段大底にいるので、反転したら90円も見えているコースですがドテンのロングをするのはこのレッドチャネルを上抜けしてからでも全然遅くないなと思っています。

なんで豪ドル円だけ週足まで使って丁寧に解説しているかというと、豪ドル円が好きだからです。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

超長期

↓長期

↓中期

豪ドル米ドル(AUDUSD)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。スイングでの狙いは天井にきたら売る、というシンプルな感じです。

レッドチャネルセンターラインにぶつかり反落中。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネルの上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド豪ドル(GBPAUD)

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中で、買いが強い価格帯にいます。

下限タッチして、短期のレッドチャネルを明確にブレイクし反転上昇中。

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

↓長期

↓中期

ポンドドル(GBPUSD)

上を目指すか?下を目指すか?の交差点でグリーンチャネルではなくレッドチャネルを選んだポンドルは下目線。長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中で、戻り売りを狙います。

レッドチャネルの床に2度タッチし反転上昇中、エントリーポイント近め。天井から大底まで全部キレイに決まって本当に気持ちの良いペアです、豪ドル円の次くらいに好きです

ちなみにこのレッドチャネルを上抜けした場合はもう一つ長い時間軸でのラインを意識します(だいぶ前に動画でお見せしたやつです)

そのときが来たらまたブログに書きます

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド円(GBPJPY)

長期下降トレンドの3段に別れたレッドチャネルに滞在していて、現在中段から上段に移行したところ。調整上昇中。

売るのであれば中段に移行したところでの追いショートか、上段天井での戻り売りなので今はなにもできないところです。

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:中段レッドチャネル上限
  • 利確:中段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:中段レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

フラン円(CHFJPY)

長期下降トレンドを表すレッドチャネルに滞在中、戻り売り狙い

今週でこのレッドチャネルが継続なのか、それともダマしで上を目指すのかがハッキリしてくると思います。

108.950S 保有中

週明けですので、損切りになったあと入り直すかはNY時間見てから検討します。

  • 優位性:☆☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル内侵入

↓長期

↓中期

ドルスイスフラン(USDCHF)

上昇と下降が何度もクロスしあっているペアで、一方的な方向感ではないというのが特徴だと思います。現在は長期下降トレンドで売り優勢なので、レッドチャネル上限まで引きつけて戻り売りを狙います。

レッドチャネル天井タッチ、本当にわずか指値に届かず反落していきました…。

ので、土日に4時間足で再度上限を見直しました。よくあるグリーンチャネル天井に吸い寄せられ現象のせいで少し上限を高く見積もってしまいました…(すごい細かい話なので分かる人にだけ伝わってください)

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

あとがき

ここまで見ていただきありがとうございました!

今週末は例のオフ会企画です。いろいろな方から「行きます~」って連絡いただきましたが、参加者側も豪華で楽しみだなと今からワクワクしております。

どうやら20分くらいみなさんの前でお話する時間があるそうです。いま、その20分でお見せする用の資料をまだ作っているんですが、期限が先週の木曜までだったのでたぶんこれめちゃくちゃ怒られます、やってしまいました………。

席の方は残りわずかと聞いております、みなさまにお会いしたいです!こういった会は自分も似たようなものに以前参加して刺激になったのでとてもいいと思っています、ご参加お待ちしてます~☺