為替

【10/02】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/14通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足or8H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

随時、TradingViewでもアイデア投稿をしていますのでぜひ、TradingViewで@M45FXをフォローしてくださいませ。

参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

長期下降トレンドを表すレッドチャネルに滞在している最中ですので、戻り売り狙いです。

昨年末の114円を上抜けしようとするブレイクチャレンジをしていた頃から、この上段・中段・下段の計3段のレッドチャネルを行き来しあっています。

現状、レッドチャネルの上段に滞在中というところ。

レッドチャネル上段に定着していれば、とりあえず110円を目指すカタチとなっていますが、精度の高いグリーンチャネルも存在しています。グリーンチャネルの天井が機能し下落しています。

どちらも優先度が高く、レッドチャネルとグリーンチャネルが作用しあうカタチになっていますね。

  • ①上段レッドチャネル天井ショート
  • ②グリーンチャネル下限ロング
  • ③グリーンチャネル上限ショート
  • ④中段レッドチャネル上限ショート

この4つを狙っています。上にいくほど優位性が高いです。

グリーンチャネル天井ショートは条件があり、上段レッドチャネルのセンターラインを上回った状態でないと売らないです。中段レッドチャネルショートについてはグリーンチャネルを下抜けしないとやりにくいので、かなり遠い印象です。

まだまだ上段レッドチャネル内ではセンターライン以下なので、買いが強い価格帯という風に認識しています。つまり、全体的にはまだ待ちの時期ですね。

  • 優位性 : ☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネルの天井
  • 利確:上段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:上段レッドチャネル上限を明確に上抜け(ドテンロング)

↓長期

↓中期

↑8時間
↑4時間

米ドルカナダ(USDCAD)

2017年から続いていた長期グリーンチャネルを、三角保ち合いを経て下抜けブレイクすることで、6月に下降トレンドに転換。その下降トレンドのレッドチャネル天井まで引きつけて戻り売りを狙いたいです。

9/3から1.33800ショート保有中 +100pipsで半ロット利確済 建値S/Lセット

保有中のショートを建値決済か、目標利確まで待っています。勝ち確なので、もう何にもすることはありません…。

中期を見るとすごい弧を描いてますね。こういったチャートパターンもあったような気がしますが、忘れました。ここ最近はもう動いていないくらいに感じます。

昨日も一見動いているように見えて行って来いをしただけ…。

安値はコツコツ更新しているのでまだ売り有利ですね。

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

カナダ円(CADJPY)

2018年から続いている長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。レッドチャネルの天井までひきつけて戻り売り狙いです。

センターラインを上回っているので、売りが強い価格帯です。現在は短期グリーンチャネルに滞在中で、下限にタッチで何度も何度も買いが入っているところ。そろそろ買い支えも限界ではないでしょうか。

ということで、売りたい。

  • 優位性:☆☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ円(EURJPY)

2018年4月から続いている、長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在しています。戻り売り狙いです。

売るとしてもレッドチャネルのセンターラインを上抜けするまではまだまだ買いが強い傾向にある価格帯にいるというイメージです、センターラインを上抜けしたら短期グリーンチャネルがないか探してみます。

売りたい身としては何もできないです。ユーロ系はヒマな時期ですね。

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロドル(EURUSD)

2018年頭から続いている長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在中、戻り売り狙いです。レッドチャネルはざっくり3段に別れていて、それらを行き来しています。

中期での下降トレンドの角度も存在し、こちらも優位性は現状高いです。下限が全く効いていないのですぐ上抜けブレイクできそうな下降チャネルですが、ないよりは良いと思うのでお見せします。

中期の天井まで引きつけて売るのもリスクリワードはいいと思います。メインは長期の天井狙いです。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネル上限
  • 利確:上段レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ユーロ豪ドル(EURAUD)

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中で、その大底で買いたいところ。

センターラインより下で、なおかつ中期レッドチャネル上限をブレイクした位置でのロングは非常にリスクリワードがいいと思いますのでぜひ狙いたいところですね。

↑ここまでが昨日の文章

レッドチャネルぶちやぶって伸びていますね

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期

↓中期

ユーロポンド(EURGBP)

2017年の8月から続いている長期下降トレンドを表すレッドチャネルを一時上抜けしていましたが、また戻ってきました。現在はグリーンチャネル下限でのロングが最も優位性高いと見ています。

いくときはトコトンいく通貨ペアですので、しっかりと引きつけたいところですね。

中期で見ると売りの強い短期レッドチャネルを一応ブレイクしているので、ここからレンジやら反転やらがはじまってもよさそうです。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期

↓中期

豪ドル円(AUDJPY)

豪ドル円は2週足で見ると現在、上・中・下の3段階の価格帯のうち中段に属しており、中段の大底を下抜けし、下段価格帯に本格移行するかどうかのところです。

日足での長期下降トレンドを含むレッドチャネルに滞在していると見ています。そのレッドチャネルの天井まで引きつけた戻り売りをメインで狙っています。

2週足単位の中段大底にいるので、反転したら90円も見えているコースですがドテンのロングをするのはこのレッドチャネルを上抜けしてからでも全然遅くないなと思っています。

この72円を下回るかどうかが注目ポイント。下回ったら55円コース…😭

ここらへんが決着ついてから触るのが良いと思っています。

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

超長期

↓長期

↓中期

豪ドル米ドル(AUDUSD)

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。スイングでの狙いは天井にきたら売る、というシンプルな感じです。

レッドチャネルセンターラインにぶつかり反落中、スイングでは何も出来ない価格帯です。

日足で見るとかなりキレイですが、中期でみるとちょっと下限がもう限界感じますね。チャネルも永久に効くわけではないので、そろそろ賞味期限でしょうか。

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネルの上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド豪ドル(GBPAUD)

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中で、買いが強い価格帯にいます。

下限タッチして、短期のレッドチャネルを明確にブレイクし反転上昇中。

順調な上昇を見せており、長期グリーンチャネルの下限で押し目買いをしたい通貨ペアですね。

中期4時間足では長期とは違った角度の中期グリーンチャネルも存在します。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

↓長期

↓中期

↑8時間
↑4時間

ポンドドル(GBPUSD)

上を目指すか?下を目指すか?の交差点でグリーンチャネルではなくレッドチャネルを選んだポンドルは下目線。長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中で、戻り売りを狙います。

天井にわずかに届かず落ちています~😭

焦らず引きつけます。センターラインタッチして調整上昇中。

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

ポンド円(GBPJPY)

長期下降トレンドの3段に別れたレッドチャネルに滞在していて、現在中段から上段に移行したところ。調整上昇中。

売るのであれば中段に移行したところでの追いショートか、上段天井での戻り売りなので今はなにもできないところです。

センターラインより下回り、なおかつ大底付近でさらに中期の200SMAと格闘中…ということでいろいろと買いが強くなる傾向の価格帯にいます。

下限タッチしていますね。どうなるか

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:中段レッドチャネル上限
  • 利確:中段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:中段レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

フラン円(CHFJPY)

長期下降トレンドを表すレッドチャネルに滞在中、戻り売り狙い

今週でこのレッドチャネルが継続なのか、それともダマしで上を目指すのかがハッキリしてくると思います。

108.950S 保有中

中期ではレンジです。レンジは僕の手法とはもっとも遠いところにいる値動きなので、やりづらいです。レンジをどちらに突破するかがポイント。

エントリーしてから4回ほど建値に来ており、何度も何度も反落していますのでよっぽどの天井でエントリー出来たんだなと思っています。

ただ、ブレイクチャレンジが多すぎてそろそろまた上にきたら次は上抜け成功もあるかなという印象です。

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル内侵入

↓長期

↓中期

ドルスイスフラン(USDCHF)

上昇と下降が何度もクロスしあっているペアで、一方的な方向感ではないというのが特徴だと思います。現在は長期下降トレンドで売り優勢なので、レッドチャネル上限まで引きつけて戻り売りを狙います。

狙うはレッドチャネル天井でのスイングショートです。

このペアは最近レッドチャネル上限の調整をしているのですが、今回の4時間と日足の陰線確定位置で良い位置が判明したのでこれで確定でいきます。

短期グリーンチャネルも存在していますので、下限タッチでの天井戻り期待で待ちます。

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

↓長期

↓中期

あとがき

ここまで見ていただきありがとうございました!

先日のオフ会でみなさんとお話していてわかったのですが、けっこう手法をマネしてくださっている方も多くとても嬉しかったです。

そのときもお話しましたが、あまりにもヒマな手法なので、初心者でなおかつデイトレできるお時間がある方は、これ一本にしぼらずポートフォリオを組むイメージで、スイングと並行して別口座で中期~短期でもトレードをして効率的に経験を積むほうがおすすめです。

初心者のうちはいろいろ試し、自分の弱点を探ることのほうが重要だとおもっています。

ちなみに試行回数(エントリー回数)を増やすのであれば、短期で並行チャネルを引きながら、水平線などを併用していくと良いと思います。

ナナメラインだけで短期トレードはけっこう難しいと、過去の体験から感じていますので、好きなインジケーターなどを駆使しつつ自分がルールを守りやすい自分だけの優位性の高いライントレードをぜひ確立してみてください。応援しています!

それでは、今日も無理せずがんばりましょ~☺

チャートツールについて

この記事の分析画像は「TradingView」という、無料のチャートツールを利用しています。

TradingViewでは、M45FXというIDでアイデア投稿(相場観投稿)も随時おこなっています。より詳細に、鮮明にチャート分析を確認したい方はぜひこちらからフォローをお願いします☺