為替

【10/14】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/14通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足or8H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

随時、TradingViewでもアイデア投稿をしていますのでぜひ、TradingViewで@M45FXをフォローしてくださいませ。

参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

↓長期(スイング)

日足
  • 優位性 : ☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネルの天井
  • 利確:上段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:上段レッドチャネル天井を明確に上抜け

長期下降トレンドを表すレッドチャネルに滞在している最中ですので、メインは戻り売り狙いです。 昨年末の114円を上抜けしようとしていた頃から、この上段・中段・下段の計3段のレッドチャネルを行き来しあっています。

レッドチャネルとグリーンチャネルが作用しあうカタチになっています、そのため現状はウロウロしつつ、レッドチャネルの中段~上段に移行というところ。

現在は上段に侵入し、110円の手前あたりまで上昇余地があります。

↓中期(デイ~スイング)

8時間グリーンチャネルのみ
8時間グリーンと長期レッド
  • 優位性 : ☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:グリーンチャネル上限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル上限を明確に上抜け

精度高めの中期のグリーンチャネルも存在しており、かなり作用している角度に見えます。こちらのほうが角度的には効いていそう。

明日以降で長期レッドチャネル上段のセンターラインを上回ったときのみという条件付きですが、グリーンチャネル天井ショートを狙いたいです。

108.500に硬い水平線ありますね。

チャートツールについて

この記事の分析画像は「TradingView」という、無料のチャートツールSNSを利用しています。

こちらでは、ブログではお見せしてないデイトレ(短期)の相場観の投稿や、リアルタイム投稿、ブログでお見せしていない通貨ペアなどなどを毎日1本上げています。

ブログよりも高解像度に確認でき、その後の値動きなども再現できて非常に便利です。

ぜひ、Twitterだけでなくトレーディングビューもいいね👍お待ちしています

米ドルカナダ(USDCAD)

1.33800ショート保有中 +100pipsで半ロット利確済 建値S/Lセット済

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

2017年から続いていた長期グリーンチャネルを、三角保ち合いを経て下抜けブレイクすることで、6月に下降トレンドに転換。その下降トレンドのレッドチャネル天井まで引きつけて戻り売りを狙いたいです。

↓中期

天井ぶつかって反落しているところです。いい形ですね。

カナダ円(CADJPY)

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

2018年から続いている長期下降トレンドのレッドチャネルを若干上抜けして、戻ってこようとしています。このまま今までの天井がサポート化するのか、NY時間で様子を見てみましょう。

11日のあとがきに記載のとおり、11日はノートレだったのでエントリーはなかったですが、上抜けしているのでグリーンチャネルが優先される流れも用意しておくのがいいですね。

↓中期

こちらとしてはレッドチャネル継続のほうが忙しくなくてラクなのですが、さてどうなるか今週が楽しみですね。

ユーロ円(EURJPY)

↓長期

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

2018年4月から続いている、長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在しています。戻り売り狙いです。

センターライン付近まで来てくれましたね。センターラインを上抜けすれば売りたくなる価格帯に突入ですが果たして

↓中期

このままセンターラインを上抜けしてくれたら短期グリーンチャネルを探して売り場を見つける作業になります。

土日にチャネル見直したかったのですがなかなか時間がとれませんでした。

ユーロドル(EURUSD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネル上限
  • 利確:上段レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

2018年頭から続いている長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在中、メインは戻り売り狙いです。長期レッドチャネルはざっくり3段に別れていて、それらを行き来しています。

↓中期

グリーンチャネル内にしっかり入り込んでるので、ロングしたくなる角度ですね

ユーロ豪ドル(EURAUD)

長期

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中で、その大底で買いたいところ。

↓中期

短期レッドチャネルを上抜けしているので、買いが入りやすそうな印象

ユーロポンド(EURGBP)

長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:長期グリーンチャネル下限
  • 利確:長期グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:長期グリーンチャネル下限を明確に下抜け

2017年の8月から続いている長期下降トレンドを表すレッドチャネルを一時上抜けしていましたが、また戻ってきました。

現在は長期のグリーンチャネル下限でのロングが最も優位性高いと見ています。

センターラインを下回ってくれましたね。

↓中期

短期のグリーンチャネルを下抜けして大きく伸びている印象です。とくにエントリーには使いませんが、こういう角度もあるんだな~という感じです。

豪ドル円(AUDJPY)

超長期

豪ドル円は2週足で見ると現在、上・中・下の3段階の価格帯のうち中段に属しており、中段の大底を下抜けし、下段価格帯に本格移行するかどうかのところです。

ブルーの線はエントリーにはつかいません

↓長期

↑3日足
↑日足
  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

日足での長期下降トレンドを含むレッドチャネルに滞在していると見ています。そのレッドチャネルの天井まで引きつけた戻り売りをメインで狙っています。

2週足単位の中段大底にいるので、反転したら90円も見えているコースですがドテンのロングをするのはこの長期のレッドチャネルを上抜けしてからでも全然遅くないなと思っています。

見た感じ、 中段と下段を分ける壁である72円のラインで大きく反発上昇しています。

↓中期

4時間足

この72円を下回るかどうかが注目ポイント。下回ったら55円コース…😭

ここらへんが決着ついてから触るのが良いと思っています。数年に一度しか来ない大局面ですので、ゆったり見ています、そうとう難しい時期です。

豪ドル米ドル(AUDUSD)

↓長期

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネルの上限を明確に上抜け

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。スイングでの狙いは天井にきたら売る、というシンプルな感じです。

レッドチャネルセンターラインにぶつかり反落中、スイングでは何も出来ない価格帯です。

↓中期

日足で見ると、レッドチャネル下限がめちゃくちゃがんばって買い支えてるようなカタチですごく可愛いですが、中期で見ると汚いのでそろそろ見直したいです。

土日に色々と見直して修正したかったのですが時間とれず。。

ポンド豪ドル(GBPAUD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中で、買いが強い価格帯にいます。

↓中期

直近の約280pipsで利確したロングはトレーディングビューに掲載してます。

天井が効いていますね。2日足も4時間足もそうなんですが、なんてトレンドに素直なペアなんでしょう……

ポンドドル(GBPUSD)

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

上を目指すか?下を目指すか?の交差点で長期グリーンチャネルではなく長期レッドチャネルを選んだポンドルは下目線。

長期下降トレンドのレッドチャネルを一旦上抜けして戻ってきています。

↓中期

11日は新規エントリーなしの日だったのでとくに触ってませんでしたが、エントリーありの日だったら損切りしていたと思います~。いまは戻ってきていますが、とりあえず今日は様子見ですね。

ポンド円(GBPJPY)

131.500S 保有中 → ライン上へ侵入後4時間足陽線確定 131.650で損切り -15pips

↓長期

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネル上限
  • 利確:上段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:上段レッドチャネル上限を明確に上抜け

長期下降トレンドの3段に別れたレッドチャネルに滞在していて、現在上段というところ。

結局、上段の床で買いが入って反発しているだけの流れだったりします

↓中期

エントリーには自分は使いませんがこんな角度で上がっていて、いまは調整下降中です。勢いもありますので上抜けで次の上昇チャネルへ移行パターンもありそうですね。

フラン円(CHFJPY)

108.950S 保有していました → 106.950決済 +200pips

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル内侵入

長期下降トレンドを表すレッドチャネルを若干上抜け中、NY時間の様子見て今後を決めますが今は放置でいい気もします。

↓中期

11日はあとがきの通りノートレでしたが、ふつうに上抜けしてて売りは今キツいですね。存在するとすればこういった角度のグリーンチャネルはありそうです。

いまは他のペアをちまちま触るのがいいのではないでしょうか。

ドルスイスフラン(USDCHF)

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

上昇と下降が何度もクロスしあっているペアで、一方的な方向感ではないというのが特徴だと思います。

現在は長期下降トレンドで売り優勢なので、レッドチャネル上限まで引きつけて戻り売りを狙います。

↓中期

0.99600S は ライン上で4H足が確定したタイミングで損切りしまして約-7pipsの微損撤退で終了し週末を迎えました。

あんまり含み損の状態で土日を迎えたくなかったのと、11日はトレードをしない予定で動いていたのでそうなりましたが、ここからがこのペアの注目ポイントです

グリーンチャネルとレッドチャネルが作用しあっている状態で、どっちが優先されるのかというところ。

あとがき

ここまで見ていただきありがとうございました☺

全体的にボラも含めて様子が変わっていてめんどうな時期ですね☺トレンドが継続してくれるのが一番ラクなんです笑

とりあえず全体に言えることは、動きが気持ちわるいときは短期のチャネルも意識してエントリーしたいです…。ショートであれば短期の上昇チャネルが終わったあと。ロングであれば短期の下降トレンドを上抜けしたあと。

そんな風にやっていって、結果を記録していくほうがよろしい時期かと思います😊

特に今月は前半の貯金もありますので、落ち着いて立ち回っていきたいですね。(その結果機会損失が起きたら必ず詳細を記録するといいですね)

ココ最近の動きはダマしの動きなのか、それともトレンドが変わる合図なのか…

こういうときこそガツガツ分析して経験値溜めたいですね!

今週もぜひ!いいねやリツイートなどしていただけるとたいへんよろこびます。よろしくお願い致します~!

チャートツールについて

この記事の分析画像は「TradingView」という、無料のチャートツールSNSを利用しています。

こちらでは、ブログではお見せしてないデイトレ(短期)の相場観の投稿や、リアルタイム投稿、ブログでお見せしていない通貨ペアなどなどを毎日1本上げています。

ブログよりも高解像度に確認でき、その後の値動きなども再現できて非常に便利です。

そちらでも、いいね等押していただけるとモチベーションになりますので、ぜひこちらからフォローをお待ちしています☺