為替相場観

【12/17】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/13通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足or8H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

現在、筆者は年明けまでノートレードの季節に突入しており、すべての記事の内容は自分のトレード手法とは相性の悪い時期ですので参考にする場合は要検証ということをご理解ください。

記事を参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

↓長期(スイング)

  • 優位性:☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:上段レッドチャネルの天井
  • 利確:上段レッドチャネルのセンターライン
  • 損切:上段レッドチャネル天井を明確に上抜け

長期下降トレンドを表すレッドチャネルに滞在している最中です。 昨年末の114円を上抜けしようとしていた頃から、この上段・中段・下段の計3段のレッドチャネルを行き来しあっています。

長期トレンドが変わっている通貨ペアが多いことを考えると、ドル円も必然的にいずれはこのレッドチャネルを上抜けブレイクして上昇トレンドに転じる可能性があります。

それはいつかはわかりませんが、現在はグリーンチャネルの精度が非常に高いことから、このグリーンチャネルを下抜けするまで長い時間軸でのショートは不利かもしれません。

現在は日足もレッドチャネルの上限をうわ抜け確定したところですので、一度様子を見たい所です。かといってグリーンチャネルの天井も近いので買いもやりにくい価格帯。

しばらくはレッドチャネル内に戻ったら売り、買いはグリーンチャネルのセンターライン付近から狙い始めるのが無難かと思います。うわ抜けダマしかもしれません。

↓中期

レッドチャネルの天井にタッチし下落後、グリーンチャネルのセンターラインにタッチし上昇しまたレッドチャネルの天井へ。

グリーンチャネルのセンターラインの精度が高いので、どちらがより意識されているかがわかりやすいです。

チャートツールについて

この記事の分析画像は「TradingView」という、無料のチャートツールSNSを利用しています。

こちらでは、ブログではお見せしてないデイトレ(短期)の相場観の投稿や、リアルタイム投稿、ブログでお見せしていない通貨ペアなどなどを毎日1本上げています。

ブログよりも高解像度に確認でき、その後の値動きなども再現できて非常に便利です。

ぜひ、Twitterだけでなくトレーディングビューもいいね👍お待ちしています

米ドルカナダ(USDCAD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

2017年から続いていた長期グリーンチャネルを、三角保ち合いを経て下抜けブレイクすることで、6月に下降トレンドに転換

その下降トレンドの長期レッドチャネル天井付近で売り狙いです。

↓中期

ちょっと上にハミ出た騙しが気になりますよね~。結構おちています。センターラインを目指すかどうか。

カナダ円(CADJPY)

↓長期

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

2018年から続いていた長期下降トレンドのレッドチャネルを上抜けして、戻ってこようとしていましたが、今までの天井がサポート化して反発しているように見えます。

きれいなサポレジ転換後の上昇ですので、トレンド転換を視野にとにかく狙いのポイントまで引きつけます。押し目買い狙い。

↓中期

サポレジ転換で見えてくるグリーンチャネルを暫定で置いています。一度そのグリーンチャネルの精度を確認したいところ。

レッドチャネルに戻ってくるのは難しそうだなと感じていますが、果たして流れはどちらでしょうか。本格的に判明するのは年明けでしょうね

ユーロ円(EURJPY)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

2018年4月から続いている、長期下降トレンドのレッドチャネル内に滞在しています。戻り売り狙いです。

↓中期

レッドチャネルの天井にタッチし100pips以上反落、トレードしていたら利確できていたでしょうが、そんなこと気にしだしたらキリがないので自分とは縁がなかったと割り切ります。

クロス円はみんな似た形でして、中でもユーロドル、カナダ円、スイス円は長期下降トレンドを上抜けブレイクしたと見ているので、もしかしたらいずれユーロ円もなのかなぁ…とか、予想ですらない妄想をしております

ユーロドル(EURUSD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

長期下降トレンドのレッドチャネルを明確に上抜けしたのでロング狙いに切り替え。三角保ち合いを上抜けブレイクしたように見えます。

↓中期

やはり上でしたね。グリーンチャネルのセンターラインで一度調整が入るとは思いますがユーロドル強いです。

ユーロポンド(EURGBP)

長期

  • 優位性:
  • 狙い:なし
  • 条件:
  • 利確:
  • 損切:

現在は長期のグリーンチャネル下限を下抜けし、レッドチャネルも次のものへ移行しているところなので難しいですね。

↓中期

特に狙いナシです。ポンド系は全部そうなんですが、ふわふわしています。みごとなサポレジ転換での反落。

豪ドル円(AUDJPY)

超長期

豪ドル円は2週足で見ると現在、上・中・下の3段階の価格帯のうち中段に属しています。ブルーの水平線はエントリーには使いません

↓長期

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

日足での長期下降トレンドを含むレッドチャネルに滞在していると見ています。そのレッドチャネルの天井まで引きつけた戻り売りをメインで狙っていました。

2週足単位の中段大底にいるので、反転したら90円も見えているコースですがドテンのロングをするのはこの長期のレッドチャネルを上抜けしてからでも全然遅くないなと思っています。

↓中期

今は長期トレンドにレッドチャネルに対して、中期のグリーンチャネルで調整上昇中のイメージです。

レッドチャネル上限を上抜けしたら90円コース…も見えてきます。その天井付近にいます。

豪ドル米ドル(AUDUSD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネルの上限を明確に上抜け

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在中。スイングでの狙いは天井にきたら売る、というシンプルな感じです。

↓中期

長期トレンドのレッドチャネルに対する、調整の上昇の波の中(グリーンチャネル)にいるというイメージ。いまは長期の天井が迫っています。どのペアも似たような形ですね。

ポンド豪ドル(GBPAUD)

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中です。買いたいペアだけど、買えない位置にいるので放置というイメージです。

こうやって見るとずっと上げ続けていてスゴイですね。

↓中期

天井見えてきましたね

ポンドドル(GBPUSD)

↓長期

  • 優位性:
  • 狙い:なし
  • 条件:
  • 利確:
  • 損切:

長期下降トレンドのレッドチャネルを一旦上抜けして天井がサポレジ転換のカタチ。スイングは狙えない位置です。

年明けに新しいチャネル引き直します。

↓中期

レッドチャネルを上抜け後、上限がサポート化して上へ。まだ特に狙いなしです。

ポンド円(GBPJPY)

↓長期

  • 優位性:なし
  • 狙い:なし
  • 条件:
  • 利確:
  • 損切:

様子見中です。長期トレンドが下降から上昇に転じたと見ています。どのように買っていくか?の戦略はまた年明けにブログ再開するころに考えます。

↓中期

ダマシでした~って感じでレッドチャネル内に戻ってくるのが一番やりやすいパターンですが、すぐにはないかもですね

フラン円(CHFJPY)

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

長期下降トレンドを表すレッドチャネルを上抜けしサポレジ転換からの上昇をしています。上昇トレンドに転換したと見て買い狙いが優秀かと思います。

↓中期

下段グリーンチャネルの天井が冗談での床となり反転上昇しています。これがトレンド継続での次のチャネルへ移行するイメージですね

ドルスイスフラン(USDCHF)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

ずーっと一方的な方向感ではないというのが特徴だと思います。ドルカナダに似ていますね。

↓中期

レッドチャネル内に戻ってきました。上に抜けたのはダマしだったのかもということですね。

このペアもドルカナダと似た理屈で売りが優秀だと考えています。

あとがき

ここまで見ていただきありがとうございました☺

昨日はブログがサーバーの都合でしばらく見られない時間がつづきまして、申し訳ございません😭

特に相場は見ていなかったのですが、調子はいかがでしょうか?

私はポジションを年末年始に持ちたくないという理由で12月はエントリーをしていません。12月は長期で旅行に行っているのがほとんどですし、一度ポジションを持ったら長くて1ヶ月近く持つこともあるので、そういう理由です。

個人的な感想ですが、トレードが不調な方は思い切って一ヶ月とか、長い期間トレードから離れて見るのも手です。

トレードに前のめりになっているころは、毎日トレードをしないといけないような気持ちに駆られますが、実はちょっと離れてみると全然そんなことがないことに気づけます。

焦らない、待てるトレーダーになれるきっかけが掴めるかもです😆

それでは、今週もよろしくお願い致します!😊

YouTube投稿しました!

「相場に自分の都合は関係ない “FXの効率の良い反省法”」という動画をYouTubeに投稿です

  • 初心者の頃にやりがちな勘違い
  • 負けも次に活かす分析法
  • 良い考え方、悪い考え方

などについて解説しています😆

TradingView公式chにて!ぜひ高評価などお待ちしてます

チャートツールについて

この記事の分析画像は「TradingView」という、無料のチャートツールSNSを利用しています。

こちらでは、ブログではお見せしてないデイトレ(短期)の相場観の投稿や、リアルタイム投稿、ブログでお見せしていない通貨ペアなどなどを毎日1本上げています。

ブログよりも高解像度に確認でき、その後の値動きなども再現できて非常に便利です。

そちらでも、いいね等押していただけるとモチベーションになりますので、ぜひこちらからフォローをお待ちしています☺