為替相場観

【01/14】今日の絶好のエントリーポイント一覧【為替/12通貨ペア紹介】

この記事について

いつも見て頂きありがとうございます!ゆったり専業トレーダーの蜂屋すばるです!

この記事では、

  • エントリーする予定のポイント
  • 利確/損切りポイント
  • 長期のチャート(日足or2日足)
  • 中期のチャート(4H足or8H足)

を、かんたんにご紹介いたします。

記事を参考にして頂ける場合は、必ず注意事項をご確認ください。ご質問やアドバイスは受け付けておりませんので、ご了承くださいませ。注意事項は →こちら

目次

ドル円(USDJPY)

↓長期(スイング)

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:①レッドチャネル上限 / ②グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:①レッドチャネル内侵入 / ②グリーンチャネル下抜け

長期下降トレンドを表すレッドチャネルに滞在していましたが、上抜けブレイクしました。 昨年末の114円を上抜けしようとしていた頃から、この下降トレンドに阻まれていましたが、ついに長期トレンドが上昇へ転換した可能性を視野に立ち回ります。

グリーンチャネルの下限は、優位性の高いポイントとして見ています。エントリー条件の①については、レッドチャネル上限(天井)がサポレジ転換すると仮定した売買です。優位性は②より下がります。

↓中期

節目の109.700の水平線を超えたらあっという間にグンと伸びましたね。

ドル円が上昇へ転換してくれたら、対円ペアの目線も固定しやすくなるので、かなりありがたい流れです。もしこのままドル円が上がって行く場合、数ヶ月は勝ちづらい流れが続くかもしれません。

が、その数ヶ月を乗り越えて安定した角度を見つければ、前回のレッドチャネルのように数年使える新たな線をみつけることができるイメージで、どっしり構えています。

チャートツールについて

この記事の分析画像は「TradingView」という、無料のチャートツールSNSを利用しています。

こちらでは、ブログではお見せしてないデイトレ(短期)の相場観の投稿や、リアルタイム投稿、ブログでお見せしていない通貨ペアなどなどを毎日1本上げています。

ブログよりも高解像度に確認でき、その後の値動きなども再現できて非常に便利です。

ぜひ、Twitterだけでなくトレーディングビューもいいね👍お待ちしています

米ドルカナダ(USDCAD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:センターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

2017年から続いていた長期グリーンチャネルを、三角保ち合いを経て下抜けブレイクすることで、2019年の6月に下降トレンドに転換。その下降トレンドの長期レッドチャネル天井付近で売り狙いです。

↓中期

上昇し、レッドチャネル上限をうわ抜けブレイクした場合は長期下降トレンドが終わり、トレンドが転換する前提で買い狙いにシフトします。逆に言えば、それが確認できるまでは売り狙いです。

短期ではレンジになっているようですね。

カナダ円(CADJPY)

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:センターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

2018年から続いていた長期下降トレンドのレッドチャネルを上抜けして、今までの天井がサポート化して反発しているように見えます。

きれいなサポレジ転換後の上昇ですので、長期トレンド転換が上昇に転じたことを意識しとにかく狙いのポイントまで引きつけます。押し目買い狙い。

↓中期

サポレジ転換で見えてくるグリーンチャネルを”暫定”で置いています。一度そのグリーンチャネルの精度を確認したいところ。

いまこのグリーンチャネルも上抜けしようとしています。上昇トレンドなので、上昇チャネルから上昇チャネルへ移行することはよくあることです。

この場合次の天井を一度見る必要があるため、待ち待ちのペアですね。

ユーロ円(EURJPY)

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンセンターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

2018年4月から続いている、長期下降トレンドのレッドチャネルを上抜けブレイクしかけています。レッドチャネルを上抜けした場合は、上昇トレンドがはじまると見ています。

↓中期

レッドチャネルがサポレジ転換すると仮定したレッドチャネル天井でのロングエントリーも狙えますが、優位性はグリーンチャネルより低いです。

対円ペアの流れをみれば、当然のブレイクですね。

ユーロドル(EURUSD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:センターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

長期下降トレンドのレッドチャネルに滞在していましたが、2年間の滞在期間を経てついに明確に上抜けしました。

トレンドが転換したという前提でロング狙いに切り替え。押し目買いポイントはグリーンチャネルの下限です。200SMA、グリーンチャネルセンターラインなどが利確位置として優秀と見ています。

↓中期

前回滞在していたチャネルで床(下限)として機能していた線が、次のチャネルの天井(上限)になると見てこういった角度で設定しました。

そうすると、12月のグリーンチャネル下限タッチの2回目もロングを狙えたといったイメージです。順調に買いトレンドを形成しようとしています。

豪ドル円(AUDJPY)

超長期

豪ドル円は2週足で見ると現在、上・中・下の3段階の価格帯のうち中段に属しています。ブルーの水平線はエントリーには使いません。

一度、中段の大底下抜け(72円周辺)を狙いに行きましたが失敗し反転上昇、このまま90円の上限を目指す可能性もありますね。

↓長期

  • 優位性:☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:センターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

日足での長期下降トレンドを含むレッドチャネルに滞在していましたが、上抜けブレイクして上昇トレンドがはじまったと見ています。

↓中期

下限タッチせず上昇してしまいましたね。8H200SMAがエグいくらい作用しているようにも見えるんですが、豪ドル円独特なのか、他のペアでもそうなのかはしっかり確認したいところですね。

このグリーンチャネルも上抜けしてさらに幅広なグリーンチャネルを形成するんじゃないかな~と見ています。

豪ドル米ドル(AUDUSD)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネルの上限を明確に上抜け

長期下降トレンドのレッドチャネルを上抜けしかけているところ。何度も何度も何度も上抜けブレイクチャレンジをしているレッドチャネルですので、そろそろ賞味期限かなと思います。

豪ドル円とともにトレンドが転換する可能性も視野に落ち着いて立ち回りたいペアです。

↓中期

グリーンチャネルは昨年の調整でかなり意識されていた角度だと思っていますので、グリーンチャネルの下限はトレンドが変わっても買い狙い用の線に使えそうですし、売りポジションの分割利確の目標線としても優秀です。

時間経過により、全体的にあまり信用できない線になってしまいました。レッドチャネル上抜けしたら引き直します。

ポンド豪ドル(GBPAUD)

↓長期

  • 優位性:☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:センターライン
  • 損切:グリーンチャネル下限を明確に下抜け

長期上昇トレンドのグリーンチャネルに滞在中です。買いたいペアだけど、買えない位置にいるので放置というイメージです。

グリーンチャネルのセンターラインを下回ったら、買いポイントを探し出します。

↓中期

グリーンチャネルを下抜けしたら売りに転じますが、かなり遠い印象です。

センターラインがかなり意識されていますね。

ポンドドル(GBPUSD)

↓長期

  • 優位性:なし
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:センターライン
  • 損切:レッドチャネルを明確に上抜け

ポンド系はむちゃくちゃ難しいのであくまでそれっぽい角度を見ているだけですが…長期ではこの右肩下がりの角度が意識されているかもしれない運転です。

ノートレ様子見中ですが、上抜けするまでは売り、上抜けしたらサポレジ転換狙いの買いみたいなやり方が無難と見てます。

↓中期

もしこのレッドチャネル上限を上抜けブレイクしたらすごい上昇トレンドなので本物のトレ転ですね。センターライン&200SMAで下げ止まる可能性もありますので売りポジションの分割利確に使えそうです。

ポンド円(GBPJPY)

↓長期

  • 優位性:なし
  • 狙い:ロング
  • 条件:
  • 利確:
  • 損切:

ポンドドルと同じく、様子見中です。長期下降トレンドのレッドチャネルを上抜け後、レッドチャネルの中に戻れず………。2日足だけ見ると絶対にレッドチャネルの中に入りたくないという硬い意思を感じます笑

↓中期

ボラティリティもありますしブレグジット問題もまだまだ問題山積みですので、どうしても触るのであれば初心者トレーダーさんはロットを下げるなりしながらトレードをするのがおすすめのペアです。

フラン円(CHFJPY)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ロング
  • 条件:グリーンチャネル下限
  • 利確:グリーンチャネルセンターライン
  • 損切:グリーンチャネルを明確に下抜け

2018年から続いていた長期下降トレンドを表すレッドチャネルを上抜けし、サポレジ転換からの上昇をしています。

上昇トレンドに転換したと見て買い狙いが優秀かと思います。グリーンチャネルはその狙い目のポイントとして優秀です、上段・下段に分割して見ています。

↓中期

グリーンチャネル下限付近で買いが入り上昇中。上昇余地がエグいほどあります。

ドルスイスフラン(USDCHF)

↓長期

  • 優位性:☆☆☆
  • 狙い:ショート
  • 条件:レッドチャネル上限
  • 利確:レッドチャネルセンターライン
  • 損切:レッドチャネル上限を明確に上抜け

ずーっと一方的な方向感ではないというのが特徴だと思います。ドルカナダに似ていますね。売り狙いというところも同じです。

レッドチャネルセンターラインは売りポジションの利確位置として非常に優秀と考えています。そのセンターラインで反発上昇しています。

↓中期

レッドチャネル内にいるうちは売り狙い、上抜けしたら買いに転じるというシンプルな感じです。現在はレッドチャネルセンターラインにタッチし反発上昇しています。

あとがき

ここまで見ていただきありがとうございました☺

先日、私のバースデーツイートにたくさんのリプライをいただきまして、本当にありがとうございました!

ありがたいことに件数が多かったため、なかなか個別にご対応できず申し訳ございませんでした。ただ、すべて目を通させていただきました。

ブログをはじめて、たくさんの方に見ていただけるようになって、とても充実した1年間だったと心からおもいます。

よければ今後とも、お付き合いくださいませ!

それでは本日も頑張りましょう☺

PS:しばらくPCを触れないため、次の更新日は未定です。ご了承ください😭

YouTube投稿しました

ドル円、ユーロドル、ユーロ円の展望・相場観と昨年の振り返り動画です!ぜひチェック&高評価ボタンよろしくおねがいします😆

チャートツールについて

この記事の分析画像は「TradingView」という、無料のチャートツールSNSを利用しています。

こちらでは、ブログではお見せしてないデイトレ(短期)の相場観の投稿や、リアルタイム投稿、ブログでお見せしていない通貨ペアなどなどを毎日1本上げています。

ブログよりも高解像度に確認でき、その後の値動きなども再現できて非常に便利です。

そちらでも、いいね等押していただけるとモチベーションになりますので、ぜひこちらからフォローをお待ちしています☺