トレード環境

【IG証券】ノックアウト・オプションが優秀すぎます【海外FX口座ユーザー必見】

この記事について

いつもブログやYouTubeを見て頂きありがとうございます、金融トレーダーの蜂屋すばるです。この記事は、ノックアウト・オプションとIG証券の解説記事です。現在私は、

スイングトレード → 国内FX口座

デイトレード → ノックアウト・オプション

というように使い分けています。

これからどんどん国内証券会社も参入し、利用者もさらに増えていくと思われるノックアウトですが、FXトレーダーに強くおすすめできる取引方法だと思ったのでこの記事で、かんたんに解説します。

🌟この記事は約7分ほどで読みおわります!

まとめ・結論を先に!

ひとあし先に、まとめを箇条書きします。このあとゆっくり解説していきますので、このまとめは流し見で大丈夫です。

ノックアウト・オプションのデメリット

指値でエントリーができない。 若干スプレッドがFXと比べて広い。

ノックアウト・オプションのメリット

  • かなり高い資金効率
  • 最大損失金額が限定されている
  • 週末窓開けだろうと損切りスリッページなし
  • 税率が国内FXと同じ・安心の国内業者
  • 海外FX口座のような出金NGリスクなし

ノックアウト・オプションをIG証券で運用するメリット

  • 売買できる通貨ペアや商品が豊富
  • 自動でリスクリワード計算ツールあり

結論・どんな人におすすめ?

指値エントリーが必須の人はきびしい。また、1日で数十回もエントリーする人の場合はスプレッドが気になってくるかもしれません。

それ以外の人すべてにおすすめできます。操作もかんたん!

また、「ゼロカット」「ハイレバ」をメリットに感じて海外FX口座で資金を運用している人にはかなり強くおすすめしたいです。似たことは安心の国内業者でもできますよ!


↑新規口座開設はこちら

それでは、ここから詳しく解説しますね。

目次

ノックアウトオプションとは?

ノックアウトオプションは、ドル円やユーロドルを取引できるものの、FXとは似ているようで、少し違うものです。

ノックアウトオプションの取引を一言でいうと、

「その取引において、損切りになったときに発生する損失額を事前に払えば、新規ポジションを保有できる」です。

価格上昇での利益を狙う場合

(FXで言うロング)

損失分を事前に支払うことをオプションを購入すると呼びますが、実際のFXトレードにたとえるなら、

例「ドル円が100円のときに1万通貨をロングするとして、損切りを99.80円に設定するなら、2000円でトレードができる」といったイメージです。

相場変動によって生じる利益・損失の金額、計算方法は通常のFXと同じなので、始めやすいと思います。


↑新規口座開設はこちら

ノックアウト・オプションを選ぶメリット

ここからはノックアウトオプションのメリットやデメリットを見ていきましょう。

圧倒的に資金効率が良い

現在の国内FX個人口座のFXはレバレッジ25倍が上限ですので、ドル円の1万通貨取引はだいたい4万円~5万円の証拠金が必要です。

つまり、ノックアウトオプションをFXのレバレッジに換算すると、数百倍程度にはなります。

これが最大のメリットですね。資金効率についてはノックアウト価格の設定*によりますが、ドル円1万通貨を5,000円程度の資金でも取引が可能です。(*損切り幅を50pipsに設定した場合)

ちなみに資金効率は高ければいいわけではありません。

私の場合、14通貨ペアを監視しているので、もし複数通貨のエントリーが一斉に固まった場合の保険程度に考えています。

それなのに国内口座

前述の通り、国内個人口座のレバレッジは25倍と上限がありますが、海外FXの場合なら数百倍~1000倍くらいのレバレッジでトレードできる口座もあります。

しかし、海外口座は、入出金のトラブルに遭う可能性があったり、税制で圧倒的に不利というデメリットがあります。また金融庁管轄外なので、何かトラブルが起きても自力解決が基本です(しかも英語で)。

これがIG証券のノックアウトオプションなら、国内口座でありながら海外FX並みの資金効率で取引が可能ということになります。

なお、IG証券は日本の金融庁で認可を受けている、れっきとした国内業者です。

最初に損切りを決めることで戦略が明確に

これまで見てきたように、ポジション保有前から確実にそこで撤退する水準を決めることが、ノックアウトオプション最大の特徴です。

そのため、事前に損切り価格を決めることからトレード計画を構築することになります。損切りを入れるのが苦手な初心者の方は、ノックアウトオプションを体験することで損切りの水準を最初に決める意識が身につくでしょう。

個人的見解ですが、そもそもノックアウトでもFXでも関係なく、あらかじめ損切り戦略を決定せずにエントリーするのは非常に悪いトレードだと考えています。

不意の急変動でもしっかり決済される

買いなら想定以上に下がってしまった場合、最初に決めているノックアウトレベルで必ず損切りされます。これは週明けの窓開きだったり、重要な経済指標でレートが飛ぶような場合でも同様です。

想定以上に損失が膨らむことがない点は、明確なメリットといえます。これ、地味にめちゃくちゃ凄いと思います。週跨ぎポジションを保有することはザラにあるので、ありがたすぎます。

国内業者で実質ゼロカットに近いしくみがあるのは、とてもいいことだと思います


↑新規口座開設はこちら

ノックアウト・オプションのデメリット

良いことばかりとはいきません。デメリットも紹介します。

指値エントリー不可

予約注文(指値でエントリー)ができないという点がひとつ。

結果的には、しっかりとスイングとデイトレード口座を分けたことにより、ポジションの時間軸がごちゃごちゃにならずに済むので、それはよかったです。

また、決済(イグジット)はノックアウト・オプションでも指値が可能です。

スプレッドが若干広い

IG証券公式サイトの記載では、ドル円のスプレッドが0.6と国内FXと比較して若干広いです。

私はエントリー回数も少ないですし、一度の数百pipsを狙いにいくので誤差レベルなのですが、スキャルピングをする方にはちりつもですね。


↑新規口座開設はこちら

ノックアウトオプション操作方法の基本

ノックアウトオプションの操作方法を取引画面でご紹介します。取引の操作方法はかんたんです。

新規注文の発注方法

新規注文を出すとき価格が上昇すると予想すれば「ブル(Bull)」、下がると予想すれば「ベア(Bear)」のオプションを購入します。

オプション料

新規注文をだすとき、必ずノックアウト価格(損失確定する価格)を事前に設定します。そしてこの最大損失金額のみがオプション料(必要な資金)となります。

決済注文の発注方法

決済注文は、成行で決済することもできますし、新規で発注する際、予め決済指値、逆指値注文を設定しておくこともできます。


↑新規口座開設はこちら

IG証券を選ぶメリット

ノックアウト・オプションをあつかっている証券会社は複数ありますが、なかでもIG証券を選ぶメリットを紹介します。

取引可能な銘柄数が多い

IG証券は、為替(FX)のほか国内外の株価指数、商品も同一口座で取引が可能なので、エントリーポイントの発生による取引チャンスが多いです。

リスクリワードを自動計算

すばらしいのが、新規注文の際、決済指値・逆指値を入力するとリスクリワードの比率が自動で計算され、チャート上に表示されます。

新規注文をだすとき、初心者のころはメンドーに感じた計算から解放されるため、トレードに集中することができます。いいですね。


↑新規口座開設はこちら

IG証券のノックアウト・オプションまとめ

物たりない点

指値でエントリーができない。 若干スプレッドがFXと比べて広い。

ノックアウト・オプションの良い点

  • かなり高い資金効率 → 複数同時エントリーに安心感
  • エントリー前に最大損失金額が把握できる
  • 週末窓開けだろうとスリッページなし
  • 税率が国内FXと同じ・安心の国内業者
  • 海外FX口座のような出金NGリスクなし

ノックアウトをIG証券で運用するメリット

  • 売買できる通貨ペアや商品が豊富(日経225やNYダウなど指数も扱い)
  • 自動でリスクリワード計算ツールあり

結論

指値が必須の人はきびしい。また、1日で数十回もエントリーする人の場合はスプレッドが気になってくるかもしれません。

それ以外の人すべてにおすすめできます。操作もかんたん!

また、「ゼロカット」「ハイレバ」をメリットに感じて海外FX口座で資金を運用している人にはかなり強くおすすめしたいです。同じことは安心の国内業者でもできますよ!


↑新規口座開設はこちら