FX初心者

FX初心者は何から勉強すべき?自分にあった手法の見つけ方

FXを始めたばかりの方から、こんな質問をいただきました。

「どんなことから勉強していいかわかりません。おすすめの勉強の順番などはありますか?」

FXをこれから勉強しようとしている方は、自然と3段階のフェーズを踏んでいくことになります。

この記事では、どのようなフェーズがあるのか説明しつつ、なぜFXトレーダーとして成長するためにこれらを乗り越える必要があるのか、自分にあった手法を見つけるために必要な経験についてお伝えします。

⏬こちらの動画でも合わせて学べます⏬

FX初心者を待ち受ける3段階のフェーズ

多くの初心者の方は、以下の3つの段階を経て中級者、上級者へ成長していきます。

  • フェーズ1 興味がわいた手法をとにかく色々試してみるフェーズ
  • フェーズ2 蓄積された知識の中に邪魔な知識が出てくるフェーズ
  • フェーズ3 ムダを削ぎ落とし自分にあった納得感のある方法を確立させるフェーズ

本当にFXを始めたばかりの方に向けた勉強法としては、フェーズ1の「とりあえず興味を持った手法に挑戦し、いろいろ試してみる」ことをおすすめします。

様々な手法を試しながら知識と経験を積み重ねていくうちに、今度は中途半端な知識を「邪魔」だと感じ始める時期が訪れます。これがフェーズ2です。

そこから、自分の生活スタイルに合ったやり方で、納得感のあるものだけに絞って、シンプルなルールでトレードできるようになるのが3つ目のフェーズです。

遠回りに感じてしまう方もいるかもしれませんので、私が現在のトレード手法に落ち着くまでの経験を例に、なぜこれらの段階を踏む必要があるのかお伝えします。

私が今の手法に至るまで

私は現在「平行チャネル」と「水平線」の2つの分析方法だけを使ってトレードしています。特にスイングトレードに関しては平行チャネルのみしか使っておらず、非常にシンプルなスタイルです。

しかし、FXを始めた頃からこの方法だったかというと、決してそうではありません。

さまざまな手法を試し、あらゆる知識を中途半端に詰め込み、失敗を重ねながら、自分に合ったものだけを残してシンプルなルールを確立していったのです。

では、最初から平行チャネルと水平線しか使わない、シンプルなトレードを行っていたらもっと早くから勝てたのかというとそうではありません。

今の手法にたどり着くまでに、さまざまな成功や失敗を重ねた「過程」がある分、トレードへの考察の深さ、利確・損切り時の判断の重みが違います。

ラーメンで例えるとわかりやすいかもしれません。塩ラーメンしか食べたことがないのに「一番好きなラーメンは塩!」と言うのと、醤油、豚骨、塩などさまざまな種類を食べた上で、塩ラーメンに一番をつけるのとでは言葉の重みが違いますよね。

私の場合、幅広い手法を試し、負けを繰り返しながら、「自分には視覚的にわかりやすく納得感のあるライントレードが合う」ことが分かりました。

念のためお伝えしておくと、「ライントレードこそ最強の手法である」とは思っていません。

あくまで自分にとってベストな手法がライントレードだっただけで、他のトレーダーの方には、それぞれベストな手法があると思っています。

遠回りしたからこそ、自分に合ったやり方にたどり着ける

ブレずに安定したトレードができる理由

またもラーメンの例えになりますが、塩ラーメンしか食べたことがないけれど塩ラーメンが一番美味しいと思っている人が、SNSなどで醤油ラーメンの情報や味噌ラーメンの画像を見かけたら、「もしかしてあっちのほうが美味しいのかも…」と心が揺れるのではないでしょうか。

FXもこれと同じです。さまざまな手法を試した過程ブログやSNSなどでFXの情報を調べていると、自分とは違った手法や分析を見かけることがあるでしょう。「もしかしてこの人のやり方のほうがいいのかも…」と思うように。

でも、私の場合そういったブレが生じることは一切ありません。それは、前述した「過程」を経た上で、自分に一番合っているのがライントレードだと自信を持って言えるからです。

色々な手法を試す中で、自分にあったやり方を極めていくことが、安定感、納得感のあるトレードにおいてとても重要です。

そこでブレが生じると、合理的な売買判断ができず、結果的に負けを繰り返すことになります。

自分に合っている手法を身に付けていれば、外部の情報でブレることはなくなる!

自分にあったFX手法の見つけ方

では、色々試す中でどうやって自分にあった手法を見つけていくのか、何をもって「自分に合っている」と判断するのかについて説明します。

勝率が高い、値幅がとれる手法であることはもちろん大事です。しかしそれ以上に「利食いや損切りの際、ブレずに納得感のある判断が行えるか」が大事だと私は考えています。

初心者の場合、どうしてもテクニカル分析を信頼しすぎてしまいますが、テクニカル分析は未来を確実に予測するものではありません。あなたの背中をちょっと押してくれるだけの要素に過ぎないのです。

取引においては、何よりブレない迅速な判断が必要です。判断が鈍ると利確を急いでしまったり、損切りが遅れてしまったりといいことがありません。

テクニカル分析を過信しすぎず、納得感のあるやり方で!

FX初心者の「勝てない」は2種類ある

初心者の方が勝てなくて困っている場合、大きく2種類の原因に分かれます。

一つは「勉強不足」、もう一つは「勉強のしすぎで迷いが生じている」、このどちらかです。

勉強不足で勝てない、という場合は、フェーズ1の段階です。まずは徹底的にいろいろ試してみてください。

勉強のしすぎで判断に迷いが生じている方は、フェーズ2の段階です。今まで挑戦した手法の中でもっとも納得感のあるものだけに絞り込み、シンプルな方法を確立していってください。

私も勉強のしすぎて負けていた時期がありました。含み損を抱えている状況で、損切りの基準に達したのですが、ふと「こういったローソク足の形が出たら反転しやすい」だとか、「この通貨はこの時間帯下げやすい」といった、その時やっていた手法とは全く関係ない、どこかのブログで見た断片的な情報が頭をよぎりました。

結果的に損切りが遅れてしまい大きく負けてしまうという痛い経験でしたが、こういった痛みを味わったことが、今の自分のスタイル、安定したトレードに繋がっています。

情報の詰め込みすぎが、判断の狂いを招くことも

FX初心者卒業のカギは「失敗」

初心者が中級者、上級者へとステップアップするためには失敗がつきものです。初心者と、中級者、上級者のちがいをここで紹介しておきます。

  • 中級者と呼べる基準は「あらゆる失敗全てを経験した人」。
  • 上級者と呼べる基準は「それらの失敗全てに対応できる人」。

近道を探したくなる気持ちはすごくわかります。上級者に、どうすれば簡単に上達できるか、ルートを示してほしいという気持ちもわかります。私も初心者の頃はそうでした。

ただ、さまざまな手法を試してみないことには、どれが自分にフィットしているか、納得感のあるやり方なのかは不明確なままです。

今は近道を探さずに、失敗を繰り返しながら自分がやりたいと思える手法を探す時期だと割り切って、とにかくチャレンジしてみてください。

これからあなたがしようとしている遠回りは必要な遠回りなのです。

最後に、FXに関する情報はなるべく無料で収集することをオススメします。

有料の情報に手を出してはいけない、というわけでは決してありませんが、今は無料でも活用できる情報がたくさん公開されています。相場から退場することのないよう、資金管理に注意をしながら、気になった手法を気軽にチャレンジしてみてください。

トレード環境紹介

初心者におすすめの外為どっとコム

おすすめの証券会社は「外為どっとコム」です。

  • 長期保有に助かる優秀なスワップ
  • 業界最狭水準の優秀なスプレッド
  • 充実した教育コンテンツやツール

以上の3点から、非常におすすめできます。個人的にも愛用しており、メイン口座のうちのひとつとして稼働中です。


愛用のチャートツールについて

TradingView

このブログやYouTubeで私が愛用しているチャートツールは「TradingView」です。

  • PCやスマホ間でのクラウド同期が便利
  • 圧倒的な使いやすさと多機能チャート
  • 誰でも無料でブラウザから利用可能!

これがないと私のトレードが成り立たないくらい必須級のツールです。私はアラートをたくさん使いたいので最上位プランにしています、勝つための必要経費です。


YouTubeでも毎日相場解説してます

ドル円やユーロ、ポンド、豪ドルなどの主要通貨に関する相場分析を、毎日動画でわかりやすく解説しています!ぜひチャンネル登録おまちしています☺